rcs
 機材の軽量化が進む中、リアサスペンションはエアユニットタイプが増えつつありますが、初期からボトムアウトまでの確実な動きとフィーリング、トラブルの回避などを考慮するとコイルスプリングに勝るものはありません。
特にダウンヒルバイクでは、リンク比の低減を目的にショックユニットのストロークが長くなり、今では3インチストロークが主流となっていますが、通常装着するメーカー純正スプリングは鉄製で、これが軽量化において最大の難点となります。

NASAやボーイング社など航空宇宙産業をメインにチタニウムスプリングを提供するアメリカの
レントン・コイルスプリング社では、それらの技術をモーターサイクルや自転車にも応用。
最大35〜40%も軽量で高品質なチタンスプリングを使用することでショックユニット本体の
機能を最大限に引き出すことが可能となります。

RCS チタニウムスプリング

対応ショックユニット:FOX DHX , ELKA STAGE5

サイズ
(ショックストローク)
スプリングレート
(50lb刻み)
希望小売価格
(税別)
2.50″
350〜550
¥3,1000
2.75″
300〜550
¥33,000
3.00″
250〜550
¥35,000

FOX純正スプリングの3.25にはRCS3.00をご使用下さい。

対応ショックユニット:ROCK SHOX VIVID / KAGE

サイズ
(ショックストローク)
スプリングレート
(50lb刻み)
希望小売価格
(税別)
2.50″
350〜500
¥3,5000
2.75″
300〜500
¥35,000
3.00″
250〜500
¥36,000
MTB SPRING